記事一覧

エイポック エイブル イッセイ ミヤケ“横尾忠則の作品を着る服”、パリコレ招待状のアートを再解釈

エイポック エイブル イッセイ ミヤケ(A-POC ABLE ISSEY MIYAKE)は、美術家・横尾忠則とのプロジェクト「TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKE」より新作を発売。エイポック エイブル イッセイ ミヤケ / 青山、イッセイ ミヤケ 船場、イッセイ ミヤケ 渋谷ほかにて2021年7月1日(木)より順次展開する。

“横尾忠則の作品を着る”「TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKE」

图片描述

「TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKE」は、横尾忠則と、イッセイ ミヤケの服づくりのプロセスにおける重要な概念「A-POC」とのコラボレーションから生まれたプロジェクト。2020年10月にデビューし、その後、2021年3月からは、宮前義之率いるエンジニアリングチームによる新ブランド「エイポック エイブル イッセイ ミヤケ」の一環として展開。エネルギー漲る横尾の作品を一枚の布の中に再構築し、衣服の可能性を追求していく。

イッセイ ミヤケの“パリコレ招待状”に使われたアートを再解釈

图片描述

新たに登場する「TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKE 1」は、1970年代から横尾が手掛け続けているイッセイ ミヤケのパリコレクションの招待状がモチーフとなる。限られた招待客しか手にしたことのなかった稀有な作品が、日常に馴染む衣服として再解釈される。

图片描述

ジャケットとパンツはそれ単体で楽しむのはもちろん、セットアップでも着用可能。カラーはピンク系、イエロー系、グリーン系、ネイビー系の4種類を展開する。

图片描述

素材は、絶妙なハリと立体感があり、着心地は非常に軽やか。オーバーサイズに仕立てられたジャケットは、それ一枚で着こなせるだけでなく、インナーダウンなどをレイヤードすれば寒い冬にも活躍してくれそうだ。