RUNG HYANG
HOME > BLOG
ルンヒャン初め。
2020.01.06
2020年がスタートしましたね!
このめでたい新年の幕開けと共に、敬愛なる韻シストBANDと昨年作り上げた『BIG PARTY feat.韻シストBAND』MVが公開されました。
ぜひご覧ください、そして彼らと一緒に巡る2月のツアーへの期待をより一層膨らませてもらえると幸いです。
(この曲は11月にリリースしたEP『DOCUMENTARY』に収録されています。)

映像のディレクションにはかねてよりそのセンスのファン!クリエイターでありご本人もアーティストとして活動するISSEI君を迎えて、ヘアメイクには京都の中堂みゆきちゃん from SALON de BOOGIEに仕上げていただきました。
ロケーションは100%大阪印、早朝の堂島を駆け抜けるサラリーマンの皆さんに逆走するようにクルクル陽気に回らせていただきました。
ロケーション2つ目のTHE BARでは韻シストBANDも駆けつけてくれて朗らかに卓球をしたり、Curry GAGAさんの計らいにより同じ釜の飯ならぬカレーを食べて英気を養ったり。
たくさんの協力とLOVEの元、完成いたしました。



すでに公開されている『Trapped』のMVも併せてチェックしてもらえると、あなたのルンヒャン初めは完全クリアなり。



今年はより一層集中してクリエイティヴに行くよー。
NEW EP “DOCUMENTARY” RELEASE PARTY hotel koé tokyo!
2019.12.21
























11月30日、NEW EP ”DOCUMENTARY“ リリースを記念してhotel koé tokyoにてパーティーを開きました。
ワクワクを抱えて会場で大いに発散し遊んでくれたみんなと一緒に作り上げたパーティーは、新たな始まりを予感させてくれるものでした。
私めちゃくちゃ楽しくてフワフワしてたんだけど、みんなはどうだった?
改めてご来場くださった皆さんと素晴らしすぎるゲスト陣に心から感謝です。
KANATA(Dancer) 、eill、ASOBOiSM、なみちえ、向井太一、高橋マシさん、Shingo.S、山崎幸太、Basigrapher and hotel koé tokyo all staff!

次は2020年2月の「DOCUMENTARTY」ライブツアー。大阪そして東京場所。
すでにワクワクの仕込みは始まっております。お楽しみに!


2020年2月に東京、大阪にてRUNG HYANG “DOCUMENTARY”リリースライブツアーを開催することが決定!








サポートミュージシャンには韻シストBAND (Shyoudog,TAROW-ONE,TAKU)、大樋祐大from SANABAGUN.と超強力な布陣が結集。
2019年12月1日(日)10:00より一般予約開始。

▼2/2 (SUN) 大阪 京橋 BERONICA
OPEN 16:00 / START 17:00
予約・お問い合わせ : 京橋 ベロニカ
https://beronica.jp
06-6939-9292 (受付時間 13:00-22:00)

▼2/20 (THU) 東京 渋谷 clubasia
OPEN 18:30 / START 19:30
イープラス一般 12/1(日)10:00~発売
■購入ページURL
https://eplus.jp/sf/detail/3161030001-P0030001

前売 4000円 当日4500円 (税込D代別)

RUNG HYANG (ルンヒャン)
with 韻シストBAND、大樋祐大 from SANABAGUN.
ハンメちゃん
2019.12.20


おばあちゃんのことを韓国語で「ハンメ」と言います。
うちではハンメのことをなぜか昔からハンメちゃんと呼んでいます。
日本語にすると「おばあちゃんちゃん」・・・「頭痛が痛い」とかその類ですね。笑

そんなハンメちゃんがつい先日この世を去りました。
御歳103歳、3回目の危篤を迎えいよいよ脳死状態となり、家族が最後のお別れをするタイミングで急に息を吹き返して喋り出しお医者さん驚愕、持ち前のハートの強さをしっかり見せつけて逝きました。大往生です。

私は(大きな声では言えませんが)たぶん孫いちハンメちゃんにえこひいきされて育ちました。
お正月にはいつも廊下に呼び出され「私はあんたが好いとるきね、これは秘密ばい!」とこっそり多めにお年玉をもらいました。
謎めいた朝鮮民謡もいっぱい歌ってもらいました。
時々ヤクルトと、ビールもこっそり飲ませてもらいました。
反抗期に反抗すると大人げなく倍返しされました。
でも険悪な空気が長引くと予定より早く一人暮らしの家に戻っていき罪悪感で苦しめられました。
私が風邪をひくと大量のテールスープを作って届けてくれました。
ハンメちゃんが家に来るとなぜかサボテンの花が咲きました。
クリスチャンで毎朝近くの公園にお祈りに出かけてました。
朝ごはんができたからハンメちゃん呼んできてと母に言われ公園に向かったら、ベンチに座ってお祈りしながらハンメちゃんはいつも一人でオイオイ泣いていて、子供心に見てはいけないものを見た気がして、公園に呼びに行くのがいつも嫌でした。

歳を重ねていくほどに色々と記憶がおかしくなって怪我も多くなって、一人暮らしの家を引き払い施設で過ごすようになったハンメちゃんは、少しずつ周りを忘れていくようになりました。
それでも孫の中で私のことだけは覚えていたハンメちゃんは、施設のエスカレーターの中で家族がたくさんいるにも関わらず「みんなには秘密やきね」と私に小銭の入ったポチ袋を渡してくれました。(施設に入る際にお金は全部没収されたはずなのに!笑)
なんだか最後のお年玉な気がして、今も持っちゃってるですね、これ。

その後いよいよ私のことも忘れてしまって、それでも元気でいてくれさえしたらそれでいい、そう願っていたけれど。
元気でさえもいれなくなったら、人は人に何を望むのだろう。
そんなことをぼんやり考えながら、ハンメちゃんとの過去が未来に繋がってる気がして、記さずにはいられなくなって。
もっともっと色んな話があるんだけれど、アウトローすぎて書けない事ばかり。

うちの父曰く私はハンメちゃんと気質がそっくりらしくて、それは嬉しいようなヤベーような。笑
身内1過激で、リアルヨイトマケで、感情的で、音楽が好きで、気が強くて、笑顔が可愛くて、私を唯一韓国名でルンニャーと崩して呼んでいた、死ぬほどのエネルギーで生きていた人がいなくなってしまった。
この哀しい気持ち、言葉にするとシーンだ。雪景色の中で聞こえてくるあの音だ。

仕事も調整させてもらいお通夜の日に帰る手配をしたのに、急な発熱で寝込んでしまった自分の体の空気の読めなさだけはほんと最悪だけれど、元々私こういう間の悪い子供だったな。
体の痛さでか寂しさでか涙と汗でまみれた意識朦朧ウィークはそろそろ終わりを迎え、何日かぶりに化粧水を塗ったら気持ちがいい。(←最悪だね)

ヤクルト飲みたくなってきたな、買いにいこ。

ハンメちゃーん。