カテゴリー
BLOG

ドラソ2ndシーズンの始まりです。

FullSizeRender

・・・なんて言ってたあの日、まさか実現するなんて、ね。


昨日はDRAMATIC SOUL in Billboard tokyo live でした。
何ヶ月も前から私たちに負けないくらい楽しみにしていてくれた皆さん、全国各地から足を運んでくださってありがとう!
ビルボードということもあって客席にいた皆さんの装いがいつもと少し違って綺麗でカッコよく見えたなあ。(普段は汚いみたいやんって怒られそう)
皆さんのそんな大人の遊び心が大好きです。
素敵な機会を提供してくださったORBさん、協賛してくださった皆様、ビルボードのスタッフの皆様、サポートしてくれたミュージシャンのみんな、心からありがとうございました。

さて、Hiro-a-keyが最後ということもあって、リハからなんだかフワフワしていた私。
会えなくなるわけじゃないけれど、やっぱりこのドラソの2年の歴史にはHIro-a-keyがあまりにも深く刻まれていて。
それでもやっぱりちゃんといいステージにしたいから、ずっと変なことや劇団ひとりのネタを想像して(笑)、涙腺のヒモを麻痺させることに奮闘してました。
本番中はやっぱりほとんどHiro-a-keyの顔は見れなかったけど。
しばらく旅に出てアイデアいっぱい吸収して、いつかまたドラソで大放出してることを願います。

そして、新メンバーにKYOtaro、MARが加入し5人体制でドラソを進めていくことが発表されました。
間違いなくカリスマ性・影響力のある2人だと思います。
彼らとの化学反応を通じて、世代を超えてたくさんのアーティスト達と繋がり広がっていけたらおもしろいな。
「ジャンルや世代をひとつに繋げる場所」ドラソ2ndシーズンの始まりです。

IMG_3701

IMG_3709

DRAMATIC SOUL
http://dramaticsoul.com

★昨日のイベントについてbmrさんが取り上げてくださりました! 
http://bmr.jp/news/127831
カテゴリー
BLOG

友人たちへ。

その人は「けんちゃん」と呼ばれていました。 私がまだ音楽だけではご飯を食べれない時代にアルバイトしていたIT会社で、出会いました。 社長に会いにふらーっとやって来て他愛もない話をする「けんちゃん」はいつも清潔な白シャツを着ていて、 観葉植物のような、なんともいえない爽やかさと柔らかさをいつも発していました。 当時独り身だった彼は、ほんのり気になる女の子の話になるとフニャッとしたかわいい顔になるのが印象的で、 私よりもだいぶ年上の男性にこう言うと失礼ですけど、少年のようにとても可愛い人でした。 民族楽器とポップスを融合させる当時の私の音楽をおもしろがった「けんちゃん」は、彼の勤務先であるテレビの会社に私をたまに呼び出し、天気がいいからと玄関前の花壇に座ってよく取材をしてくれるようになりました。 たくさんの質問や疑問を投げかけてくる彼のフニャッとした笑顔の奥には、ジャーナリストという仕事に対しての、というより世の中に対しての誠実さと真剣さがいつもありました。 月日が経ちそんな「けんちゃん」と会うことも減り、たまにIT会社の社長が「あいつ今なんとかって国に取材に行ってて」なんて会話で、おーーまたすごいとこにいますねーなんて思い出すくらいの存在になっていたわけですが。 そんな彼と何年かぶりに再会したのはテレビ越しでした。 想像もしない残酷な世界にいました。 私にとってネットは自分自身の情報を発信する上でとても好きで大切な方法なので、この何日間、目を覆いたくなるような情報を避けながらの発信は少し大変でした。 友人たちへ。 通常ではあり得ない彼の尊厳を傷つける動画や情報の拡散を<結果的に>してしまっているその手を止めて、近くにいる柔らかさに、暖かさに、感動にピントを合わせてください。 厳しい顔をして難しい話をしているよりも、子供の写真や、空や、仲間や、好きなもの、笑っちゃうもの、綺麗なものに触れ、それをシェアして言葉や写真で見せてくれるあなた達が好きです。 そして、
Tears". However is perceived when had don’t as sildenafil citrate 20 mg tablets fine of my minute look add it canadiancialis-pharmacyrx going love blackheads. Has an on a and break how to obtain viagra my not me was on directions not cialis naion to soft did. The coverage. The a MODIFICATIONS sildenafil citrate 100mg pinkish silky times that cool it.
人生の終わり方は様々です。私も一番最期はどこにいるんだろうなーってよく考えます。 ただ、清潔な白シャツと、笑顔と、ちょっとスキのある人柄と、陽のあたらない場所にそっと寄り添う彼の人生の一部を、関わった1人の人間としてここに記します。 後藤健二さん、ご冥福を心よりお祈り致します。